2006.03.29

バルサルタンとACE阻害薬の併用はACE阻害薬単独投与より有用

 ACE阻害薬やARBによるレニン・アンジオテンシン系(RAS)の抑制は冠動脈疾患の発症率や死亡率を低下させることは様々な臨床試験により明らかにされている。しかし、ARBとACE阻害薬の併用がACE阻害薬単独投与よりも臨床的アウトカムを改善するかについては明確な結論が得られていない。このほど、横浜市立大学市民総合医療センターの矢野英人氏らは、バルサルタンとカプトプリルの併用は、急性心筋梗塞患者の狭窄部位の内腔を有意に増加させることをCVAS(Captopril Combined with Valsartan In Acute Myocardial Infarction Study)によって明らかにした。

 発症24時間以内のAMI患者で冠動脈造影にて有意狭窄を有する79例を対象とした。患者をバルサルタン(80mg/日)+カプトプリル(75mg/日)群(バルサルタン群:37例)と、カプトプリル単独群(単独群:42例)に無作為に割り付け、発症時と7カ月後の脂質プロファイル、炎症パラメータの変化を比較するとともに、狭窄部位をIVUSによって評価し、比較検討した。

 その結果、脂質プロファイル、炎症パラメータの変化に関しては両群間で有意差は認められなかったが、血漿中アルドステロン値とフォローアップ期間の平均収縮期血圧は、バルサルタン群で有意に低下していた(p=0.02、p=0.04)。

 また、IVUSによる評価の結果、単独群では、血管量、血管内腔量、プラーク量いずれも変化は認められなかったが、バルサルタン群ではベースラインに比し、有意な血管量、内腔量の増加が認められた(p=0.04、p=0.02)。そして、この増加量は単独群と比較しても有意であった(p=0.04)。しかし、バルサルタン群においてもプラーク量に関しては試験前後での変化は認められなかった。
 
 以上の結果より、矢野氏は、「バルサルタンとACE阻害薬の併用は、プラーク量を増加させることなく、狭窄部位の血管、内腔を拡張したことから、冠動脈の保護や、冠動脈イベント抑制の可能性が期待できる」とした。(中野哲史、医学ライター)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:253
  2. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:57
  4. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:139
  5. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:59
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:51
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:174
  8. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 3年がかりのパンダ撮影の舞台裏 医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編 FBシェア数:0
  10. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正