2006.03.29

バルサルタンは骨髄由来前駆細胞による動脈硬化の進展を抑制する

 アンジオテンシンII(AII)は様々な経路を介し、動脈硬化病変の形成および進展に関与し、ARBはこれを抑制することが報告されている。東京大学循環器内科学の福田大受氏は、AT1受容体を阻害することで、動脈硬化病変の形成およびプラークの構成が改善されることを報告するとともに、動脈硬化病変の形成には骨髄由来前駆細胞が関与するが、バルサルタンは心臓移植後の動脈硬化に対し予防的効果を示すことを報告した。

 同氏らはApoE-/-マウスに高用量のARBおよび低用量のARB、ヒドララジンを投与したところ、高用量のARBで大動脈の動脈硬化病巣が有意に抑制された。また、低用量のARBにおいても脂肪沈着の抑制、コラーゲンの沈着の促進が確認された。この抗動脈硬化作用はARBと同程度の降圧作用を示したヒドララジンでは認められなかったことから、ARBの直接的な作用と考えられる。

 さらに、ApoE-/-のAT1受容体をノックアウトしたマウスにおいても同様の結果が得られている。

 一方、動脈硬化形成には骨髄由来の前駆細胞が関与していることが報告されているが、福田氏らは、心移植モデルマウスに移植施行7日前よりバルサルタン10mg/kg/日を投与することで、動脈硬化病巣を有意に抑制することを確認した。そして、これらのマウスの骨髄由来前駆細胞を検討した結果、バルサルタン群では、平滑筋様細胞への分化が有意に抑制されていることを見いだした。

 以上の結果より、AT1受容体の阻害によって動脈硬化形成だけでなく、プラークの構成内容をも改善する。さらに、AT1受容体は骨髄由来の前駆細胞の分化および動員にも関与する可能性が示唆されると結んだ。(中野哲史、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 「発光する」鈎、暗い術野を明るく照らす トレンド【動画付き】◎小切開手術に役立つコードレス鈎 FBシェア数:181
  3. 「暴れる患者」をどうしていますか? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:73
  4. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:316
  5. 銀杏の食べ過ぎで小児が痙攣を起こす理由とは 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:69
  6. 風疹の流行、首都圏から全国へ拡大か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:49
  7. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1349
  8. 糖尿病、5つの危険因子の管理でイベント増えず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:151
  9. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  10. 自院のHP、「記載内容の限定解除」って何? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:12
医師と医学研究者におすすめの英文校正