2006.03.28

バルサルタンは血流中を循環する単球に発現する接着分子を減少させる

 動脈硬化の発症や進展には血管内皮細胞の障害と単球の内皮への接着、内皮下への遊走が大きくかかわっている。大分医科大学第二内科の渡邉充氏らは、高血圧患者の単球表面に発現する接着分子を、降圧効果とは独立したバルサルタンの抗動脈硬化作用によって有意に減少させることを示した。

 対象は未治療高血圧患者12例(男性7、女性5、平均年齢60±9.9歳)で、試験開始前およびバルサルタン(80mg/日)投与4週後、16週後に血圧測定と空腹時採血を行った。接着分子は、フローサイトメトリーにて末梢血単球上のCD11b、CD18(血管内皮上のICAM-1、VCAM-1のカウンター受容体)、CD54(ICAM-1)、CD62L(L-selectin)を測定し、蛍光染色の平均濃度にて評価した。

 その結果、バルサルタンの16週間の投与により、収縮期血圧は173±19mmHgから144±11mmHgに、拡張期血圧は103±17mmHgから89±11mmHgに有意に低下した(p<0.05)。また、単球上のCD11b、CD18、CD54、CD62Lはバルサルタン投与16週後にそれぞれ600±334から274±111(p=0.024)、596±309から328±131(p=0.036)、188±41から137±28(p=0.039)、204±71から149±71(p=0.003)へと有意に低下した。しかし、血圧の低下率と接着分子の低下率には有意な相関は認められなかった。

 以上の結果より、渡邉氏は、バルサルタンは未治療高血圧患者における末梢血単球表面上の接着分子を有意に低下させるが、この作用はバルサルタンの降圧効果によるものではなく、独立した抗動脈硬化作用と推察することができると述べた。(中野哲史、医学ライター)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「主治医は替えません」その言葉で覚悟を決めた シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:140
  2. 86歳女性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
  3. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:24
  4. 午前4時、3歳女児が煙草臭い母と救急外来に 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:246
  5. 肺炎球菌感染症の「常識」が変わる トレンド◎ワクチン型が激減、重症例は高齢にシフト FBシェア数:170
  6. 医療費や死亡率に出身大学による差はない BMJ誌から FBシェア数:112
  7. ステージ4肺癌+癌性リンパ管症患者の大冒険 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:54
  8. 大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:169
  9. 訪問看護でつい考えてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:95
  10. 「東京医大ではガバナンスが働いていなかった」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《2》証言その1 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正