2006.03.26

現在も喫煙している循環器学会会員は7.1%、2年で半減

 現在も喫煙している循環器学会会員は7.1%と、2年間で半減していることが分かった。2005年に実施した会員対象のアンケート調査で明らかになったもので、3月25日、鹿児島大学の山口昭彦氏(写真)が「禁煙推進セミナー」で発表した。

 調査は、日本循環器学会の禁煙推進委員会が実施しているもので、学会会員調査と学会認定の循環器研修施設を対象にする施設調査からなる。今回は2005年9月に実施した。

 会員向け調査は、無作為に抽出した1000人にアンケートを送付、二重封筒法で回収した。ただし、2003年に実施した調査の回答数を下回ったため、2005年12月にさらに1000人を対象に追加アンケートを実施した。回答数は606件で回収率は30.3%だった。なお前回の2003年調査では、1000人に送付、449件を回収した(回収率44.9%)。

 調査の結果、現在も喫煙している現喫煙者は43人で、7.1%だった。過去に喫煙したことがある既喫煙者は285人(47.0%)、非喫煙者は278人(45.9%)だった。前回の調査結果と比べると、現喫煙者は14.7%から7.1%に半減していた。既喫煙者は50.7%から47.0%に、非喫煙者は34.5%から45.9%と変化していた。

 学会は2002年に禁煙宣言を発表、「我々は自らの足元から始める」とし、「循環器学会会員の医師、循環器関連施設の看護師、技師、薬剤師、事務職員を含めて循環器関連医療関係者の喫煙率を2007年までに現在の4分の1にする」と宣言していた。今回の調査は、循環器学会会員の医師を対象としたものだが、2年間で半減していたことは、宣言を実現するための試みが実を結びつつある証拠と言えよう。

 ただし、同時に行った循環器研修施設調査では、施設責任者(循環器系の医師)のうち13.9%が現喫煙者だったことから、山口氏は、「喫煙率が減少していることに変わりはないが、7.1%という数字は実態を過小評価している可能性が高い」と指摘、さらなる禁煙推進を訴えた。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:253
  2. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:57
  4. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:139
  5. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:59
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:51
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:174
  8. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 3年がかりのパンダ撮影の舞台裏 医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編 FBシェア数:0
  10. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正