2006.03.18

FDAが膣鏡と併用する映像診断装置を承認、子宮頚癌前駆体の検出率を改善

 米国食品医薬品局(FDA)は3月16日、膣生検の際に膣鏡と併用し、子宮頚癌前駆体の検出率を上げる映像診断装置「LUMA Cervical Imaging System」を承認した。従来の膣鏡のみでは、子宮頚癌前駆体の検出率は50例中41例に留まったが、LUMAの併用で同検出率は50例中50例に改善したという。

 LUMAは、膣に光を当て、その反応によって子宮頚癌前駆体の存在する可能性の高い部位についての判断材料を提供する。医師は、パプスミアの結果が異常な女性に対し、膣生検を行う前に、まず従来通りの膣鏡を用い、生検すべき疑わしい部位を見極める。次にLUMAを使い、他にも生検をするべき部位がないかどうかを確かめる。両者を行った上で、生検を実施する。

 治験では、193人の被験者に対しLUMAを用い、その安全性と効果を確認したという。なおLUMAは膣鏡を代替するものではない。

 LUMAの製造元は、米MediSpectra社(マサチューセッツ州Lexington)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:36
  2. 30歳男性。深夜3時からの吐き気と心窩部痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 入試不正の存在を以前から知っていましたか? 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《4》卒業生アンケート FBシェア数:13
  4. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:47
  5. チール・ニールセンは『ウォーリーをさがせ』 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:36
  6. 医師の4割超が詐欺や悪徳業者に遭遇 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《4》手口の実態(前編) FBシェア数:66
  7. 政府が中村祐輔氏に委ねたAIホスピタル計画とは リポート◎テクノロジーは医師の働き方を変えるか FBシェア数:15
  8. 水分摂取量増加で膀胱炎の再発は減らせる JAMA Intern Med誌から FBシェア数:269
  9. 「再入学の自分が外科を志すのは遅すぎる?」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:17
  10. ドリップ・シップ・リトリーブで脳梗塞を救え リポート◎適応時間内に血栓回収療法を行う2つのストラテジー FBシェア数:72
医師と医学研究者におすすめの英文校正