2006.03.18

タキサン耐性腫瘍に対する活性が期待のIxabepiloneがフェーズ1試験で有望結果

 非タキサン系チュブリン重合促進剤で乳がんや前立腺がんのタキサン耐性腫瘍に対する活性が期待されているIxabepilone(BMS−247550)のわが国におけるフェーズ1臨床試験で有望な結果が得られたことが明らかとなった。3月17日に大阪市で開催された日本臨床腫瘍学会のポスターディスカッションIで国立がんセンター中央病院(現在は近畿大学医学部内科学講座腫瘍内科部門)の清水俊雄氏(写真)が発表した。

 臨床試験は14例(うち男性が11例)の固形がん患者にIxabepiloneを3週ごとに3時間点滴静注した。投与用量は15mg/m2(患者数3人、4サイクル実施)、30mg/m2(患者数3人、19サイクル実施)、40mg/m2(患者数6人、16サイクル実施)、50mg/m2(患者数2人、4サイクル実施)の4群で実施した。投与されたがん患者は非小細胞肺がんが7例、悪性中皮腫が2例、その他のがんが5例だった。

 試験の結果、タキサン治療歴のある非小細胞肺がん患者1例でPRが確認されたほか6例でSDという結果が得られた。また、用量規制毒性は40mg/m2投与群で6例中1例(5日間を超えるグレード4の好中球減少)、50mg/m2投与群で2例中2例(5日間を超えるグレード4の好中球減少、グレード4の発熱性好中球減少とグレード3の口内炎)が見られた。このため、Ixabepiloneの最大耐量は50mg/m2でフェーズ2臨床試験での推奨投与量は40mg/m2となった。一方、体内の薬物動態は米国で以前に行われたフェーズ1臨床試験と同様な結果が得られた。

 Ixabepiloneは現在わが国では乳がんを対象にしたフェーズ2臨床試験が行われている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:38
  2. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:3
  3. 親世代に広がる百日咳の見つけ方 トレンド◎百日咳患者の3割は成人、どう診断する? FBシェア数:34
  4. 自覚の薄い「研究不正」に要注意!! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:26
  5. 教科書に書いてある髄液循環は間違い 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  7. 吸入ステロイドの長期使用は成長を抑制する? 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:28
  8. 「着る」除細動器は不整脈死を減らせない NEJM誌から FBシェア数:40
  9. 業務効率化しても長続きしない…対処法は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:6
  10. 嗜好用大麻、いよいよ解禁前夜! まいにち薬剤師 FBシェア数:48
医師と医学研究者におすすめの英文校正