日経メディカルのロゴ画像

2006.03.17

カルピスが同社初の美容系健康飲料 「ファインサポート セラミド&Q10」を4月新発売

 カルピスは4月17日に、飲むサプリメントとして展開中の「ファインサポート」シリーズの商品として、女性をターゲットにした同社初の美容系飲料を発売すると発表した。

 すでにグルコサミン、カルニチン、イソフラボンなどの機能性成分を含む製品を展開中だが、ここに「セラミド&Q10」を加え、美容を意識する若い世代、特に美意識の高い20〜30代の女性を取り込みたい考えだ。

 新発売の「ファインサポート セラミド&Q10」は1本100mLに、ビタミンCを100g含む栄養機能食品で、美容に効く成分として、コンニャク芋由来の保湿成分セラミドを600μg、抗酸化成分コエンザイムQ10を30mg含む。

 セラミドは皮膚の表皮の外側の角層に存在する成分で、皮膚内からの水分の喪失を防ぎ、外界からの異物の侵入を防ぐバリア機能を果たす。加齢に伴って皮膚のセラミドが減少すると、バリア機能も低下し、乾燥肌になりやすいといわれる。

 コンニャク芋由来のセラミドでは、ユニチカが1日600μgを2〜4週間とると肌の保湿力が高まるという研究データを報告している。カルピスでは1本にこの1日当たりの量である600μgを配合した。

 一方、コエンザイムQ10も30代ごろから1日30mg程度の摂取が推奨されることが多い。カルピスでは、空腹時に摂取しても吸収されやすい水溶化コエンザイムQ10として30mgを配合した。

 これらの成分をあわせて摂取することで、肌の保湿力、血流などを向上させ肌を美しくするのが狙いだ。

 甘味料には低カロリーの人工甘味料、アセスルファムK、スクラロースを採用。女性向けということを意識し、1本で15kcalとカロリーも抑えた。さらに、ローズヒップエキスで酸味を加え、後味がさっぱりとした飲み口になるように調整したという。
 「ファインサポート セラミド&Q10」は1本100mL、242円。販売はコンビニエンスストア、ドラッグストア、インターネット上の通信販売などで行われる。(熊介子、日経ヘルス)