2006.03.17

進行大腸がんを対象にしたFOLFOX6の有効性が多施設フェーズ2試験で確認

 切除不能進行・再発大腸がんを対象に5FU、l-ロイコボリン、l-オキザリプラチンを併用投与するレジメンである「FOLFOX6」のわが国における多施設フェーズ2臨床試験で、欧米と同様の有効性かつ安全性が確認された。FOLFOX6は進行・再発大腸がんに対する国際的標準治療の一つとなっているが、わが国の多施設試験でも有効性が確認されたことから今後、普及が促進されることになる。FOLFOX6は、5FU、l-ロイコボリンの2日投与が必要なFOLFOX4に比べて来院回数を少なくすることができるため、外来治療に向いた方法である。成果は国立がんセンターなど12施設の共同研究から得られたもので、国立病院機構九州がんセンターの江崎泰斗氏(写真)が3月17日に大阪市で開催された日本臨床腫瘍学会総会のプレナリーセッション1で発表した。

 研究グループは、2005年4月から7月までに登録された化学療法歴を有する切除不能・再発進行がん患者51人を対象にFOLFOX6を行った。l-オキザリプラチン100mg/m2、l-ロイコボリン200mg/m2を2時間静注したあと、5FU400mg/m2を急速静注しさらに5FU2400mg/m2を持続静注した。2週を1コースとして増悪が確定するまで行われた。2006年3月1日現在で全例プロトコール治療が終了しており、プロトコール治療の中央値は6コースで、12コース完了したのは13.7%にあたる7例で、26例が原疾患の明らかな増悪、11例が有害事象によって治療が中止された。

 投与の結果、評価が可能であった49例について治療成功期間は133日、無増悪生存期間は161日、CRが1例、PRが6例確認され、奏効率は14.2%となった。全生存期間についてはまだデータ収集が終了していないため呈示されなかった。

 副作用では、感覚性末梢神経障害は42例にみられ、しかも蓄積性であった。グレード3/4の有害事象では、好中球減少症が43.2%と多くみられた。これらの有効性、副作用の結果は、既に報告されている欧米の臨床試験結果と同様のものだった。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1479
  2. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:72
  3. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:298
  4. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:305
  5. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  6. わかるけど…な服薬指導 病院珍百景 FBシェア数:36
  7. NSAIDではジクロフェナクのMACEリスクが高… BMJ誌から FBシェア数:74
  8. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:66
  9. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  10. COPD患者に対するデキサメタゾンは高山病を予防… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正