2006.03.17

さかまつげ術後、アジスロマイシン1回投与で再発率が大幅削減

 さかまつげの術後、アジスロマイシンを1回、経口投与することで、従来のテトラサイクリン点眼薬の6週間投与に比べ、再発率がおよそ3分の1削減できることが明らかになった。これは、米国立衛生研究所(NIH)の下部組織であるNational Eye Institute (NEI)が行った治験結果で明らかになったもので、Archives of Ophthalmology誌3月号で発表された。

 エチオピアで行われた治験では、さかまつげの患者1452人を3群に分け、ひとつの群には術後に経口アジスロマイシン1gを1回投与、別の群には患者とその家族に経口アジスロマイシン(20mg/kgで最大1gまで)を投与、もう一つの群には従来の予防法であるテトラサイクリン点眼薬を1日2回、6週間投与した。

 術後1年間のさかまつげ再発率について比較したところ、アジスロマイシンの患者のみ投与群と家族投与群を合わせた再発率は、6.9人/100人・年だった。一方、テトラサイクリン群の再発率は、10.3人/100人・年と、有意に高かった(p=0.047)。なお、アジスロマイシン投与については、患者のみに投与した場合と、その家族にも投与した場合で、その再発率には有意差は見られなかった。

 さかまつげは、予防が可能な失明の原因としては、最大のものとして知られている。その原因となるトラコーマは、経済的に貧しく、人口密度が高く、清潔な水が入手困難な地域で多く見られる。同研究グループによると、トラコーマの罹患率が高い国の多くでは、アジスロマイシンが無料で提供されているという。

 詳しくは、NIHのプレスリリース、またはArchives of Ophthalmology誌の アブストラクトまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:253
  2. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:57
  4. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:139
  5. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:59
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:51
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:174
  8. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 3年がかりのパンダ撮影の舞台裏 医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編 FBシェア数:0
  10. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正