日経メディカルのロゴ画像

2006.03.15

グラクソ・スミスクラインが子宮頸がん予防ワクチンの臨床試験を4月から日本で開始

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は3月14日、日本において子宮頸がんの予防を目的としたヒトパピローマウイルス(HPV)感染予防ワクチンの臨床試験を4月から開始すると発表した。

 HPVには100種類以上の異なる遺伝子タイプが存在するが、GSKが開発する子宮頸がんワクチンは子宮頸がんの原因の70%を占めるHPV16と18のタイプに対するワクチン。細胞診によるスクリーニングとこのワクチンの両方を採用した場合、子宮頸がんの95〜97%を予防できると考えているという。また、現在まで4年間観察が行われている海外での臨床試験結果によると、感染に対し100%の予防効果を維持しているという。このHPVワクチンは、製品名「Cervarix」として、欧州連合(EU)ですでに承認申請されている。

 臨床試験は、20〜25歳の健康な女性を対象に行う予定。GSKは、この子宮頸がんワクチンの臨床試験に関する情報を4月初旬に開設予定のWebサイトで提供するほか、臨床試験に興味のある人は、事前に電子メールアドレスを登録すれば、後日臨床試験に関する情報がメールで送付されるという。詳細はこちら

 子宮頸がんは世界で2番目に多く発症している女性特有のがん。日本においても、女性特有のがんでは乳がんに次いで多く、毎年3000人の女性がこの病気により命を落としている。子宮頸がんは持続的なHPVの感染が主な原因とされているが、HPVの感染は女性にとってきわめて一般的で、70〜80%の女性が一生のうちに少なくとも1回は子宮頸がんに関連するHPVに感染すると言われている。子宮頸部細胞を調べると、約15人に1人がHPVに感染しているという。(横山勇生)