日経メディカルのロゴ画像

2006.03.14

【日本胃癌学会速報】大阪で第78回日本胃癌学会総会が開幕

 大阪市の大阪国際会議場とリーガロイヤルホテルを会場に、3月9〜11日の3日間にわたって第78回日本胃癌学会が開催された。会長を務めたのは、市立堺病院院長の古河洋氏。

 日本は以前から胃癌患者が多く、胃癌の研究が盛んに行われてきた。さらに、今回は、昨年死去した韓国のJim Pok Kim氏の業績を称えるためのメモリアルセッションが組まれ、50題もの国際演題が集まった。

 900題もの演題に加え、日本胃癌学会の会員数だけでも6000人を超える。このため、会場は大盛況で、参加受け付けを待つ長い列ができた。海外の研究者の姿も目立ち、事務局担当者は英語で懸命に応対していた。

 古河氏は、大阪で行われている消化器癌の化学療法スタディにかかわるなど、癌に関するデータ収集に熱心に取り組んでいる。このため、臨床試験や癌患者の全国登録をめぐる演題が多く取り上げられたのが今大会の特徴。同氏は、「胃癌患者の多いわが国が積極的に情報発信すべき。現在行われている臨床試験の現状をより多くの人に知ってもらいたい」と話していた。(小又理恵子)