2006.03.14

【日本胃癌学会速報】大阪で第78回日本胃癌学会総会が開幕

 大阪市の大阪国際会議場とリーガロイヤルホテルを会場に、3月9〜11日の3日間にわたって第78回日本胃癌学会が開催された。会長を務めたのは、市立堺病院院長の古河洋氏。

 日本は以前から胃癌患者が多く、胃癌の研究が盛んに行われてきた。さらに、今回は、昨年死去した韓国のJim Pok Kim氏の業績を称えるためのメモリアルセッションが組まれ、50題もの国際演題が集まった。

 900題もの演題に加え、日本胃癌学会の会員数だけでも6000人を超える。このため、会場は大盛況で、参加受け付けを待つ長い列ができた。海外の研究者の姿も目立ち、事務局担当者は英語で懸命に応対していた。

 古河氏は、大阪で行われている消化器癌の化学療法スタディにかかわるなど、癌に関するデータ収集に熱心に取り組んでいる。このため、臨床試験や癌患者の全国登録をめぐる演題が多く取り上げられたのが今大会の特徴。同氏は、「胃癌患者の多いわが国が積極的に情報発信すべき。現在行われている臨床試験の現状をより多くの人に知ってもらいたい」と話していた。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検証:東京医大の入試不正はなぜ起こったのか 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《1》 FBシェア数:21
  2. 唇のプツプツがとれません。大丈夫ですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:15
  3. 大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:162
  4. 「入試不正、母校ながら情けなく思っています」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《3》証言その2 FBシェア数:51
  5. 午前4時、3歳女児が煙草臭い母と救急外来に 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:208
  6. 【レッスン2】異常陰影を指摘せよ 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:21
  7. 86歳女性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
  8. 肺炎球菌感染症の「常識」が変わる トレンド◎ワクチン型が激減、重症例は高齢にシフト FBシェア数:169
  9. 「東京医大ではガバナンスが働いていなかった」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《2》証言その1 FBシェア数:17
  10. 高齢者の肺炎は自宅で治療し自立度を保て! 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:68
医師と医学研究者におすすめの英文校正