2006.03.10

資生堂が高機能サプリ「サプレックス」にCoQ10を投入 抗酸化力高めるトコトリエノール、セレンなども配合

 資生堂は3月21日より、同社の高機能サプリ「サプレックス」シリーズの商品として、新たにCoQ10(コエンザイムQ10)配合品を新発売する。資生堂グループでは、すでにドラッグストア流通が主体の資生堂薬品の「Q10シリーズ」が、同流通ルートで高いシェアを持つが、「サプレックス」シリーズは全国のデパートの化粧品売り場や化粧品専門店を通しての販売となる。

 1日の目安当たり100mgと多めのCoQ10量としたほか、ビタミンEの一種で高い抗酸化作用を持つトコトリエノールを35mg、ビタミンEを8mg配合。そのほかにも抗酸化作用の高いルテイン、抗酸化酵素の効果を高めるミネラルのセレンなども加えた。

 さらに、サプレックスシリーズの特徴である「成分吸収のよさ」を確保するため、黒コショウ抽出物も加えた。消化管の血流向上などにより、サプリメント成分の吸収をよくするとされる成分だ。

 また、抗酸化効果に加え、CoQ10の特色である代謝アップ効果を高めるために、代謝時にCoQ10と助け合う活性型のビタミンB1も加えた。肌の抗酸化と活性化の両方をにらんだ処方のサプリメントといえそうだ。

 同社では、化粧品売り場での店頭カウンセリングを通して、顧客の理解を高めながら「内外美容を薦めていく」としている。価格は90粒(約30日分)で7350円。(藤井省吾、日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:162
  2. いざ本番!失敗しない「試験直前の過ごし方」 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:21
  3. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:121
  4. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  5. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:259
  6. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:213
  7. 米国糖尿病学会が薬物治療ガイドライン改訂案 詳報◎CVDや心不全合併例にはSGLT2阻害薬を推奨 FBシェア数:49
  8. 前日の決定を忘れる認知症患者への対応は? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:98
  9. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:152
  10. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正