2006.03.02

FDAが多発性硬化症に対するナタリズマブの治験再開を許可

 米国食品医薬品局(FDA)は2月16日、多発性硬化症に対するナタリツマブ(商品名:Tysabri)の治験再開を許可した。同治験は、ナタリツマブを使用していた3人が進行性多巣性白質脳症(PML)を発症したことを受け、2005年2月に中止を決めている。

 これら3人のうち2人は多発性硬化症の治療で、また1人はクローン病の治療でそれぞれナタリツマブの投与を受けていた。うち2人はPMLが原因で死亡している。

 ナタリツマブ製造元の米Biogen-IDEC社によると、これまでにTysabri を投与した3000人超の患者について再調査を行ったところ、既に報告されている3人以外には、PMLを発症した例はなかったとしている。なお治験再開後も、PML の発症については注意深く観察していくという。

 Tysabriの製造元は、米Biogen-IDEC社(マサチューセッツ州Cambridge)とElan Corporation社(アイルランド)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


■ 関連トピックス ■
◆2005.8.5 ナタリズマブ臨床試験でCMLを発症した多発性硬化症とクローン病の3例、2人死亡、1人はシタラビンにより症状改善

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正