日経メディカルのロゴ画像

2006.03.01

【インフルエンザ速報】定点あたり報告数の減少続く、全国平均では20切る――インフルエンザレベルマップ2006年7週分から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2月28日に発表したインフルエンザレベルマップ第7週分(2006年2月13日〜2月19日)によると、インフルエンザ様疾患の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)の全国平均値は3週連続して減少して17.4となり、20を切った。警報レベルを超えているのは42都道府県の258地域(前週は296地域)、注意報レベルだけを超えている地域は、36都道府県の127地域(前週は165地域)とさらに減少した。都道府県別では、長野県(37.4)、愛知県(36.7)、富山県(34.2)、高知県(31.6)、石川県(29.8)などが多い。

 2005年第36週以降に検出されたインフルエンザウイルスは、ソ連型(AH1)が354件、香港型(AH3)が1868件でB型は20件となっている。

 インフルエンザ流行レベルマップは感染症情報センターWebサイトのこちらで閲覧できる。(中沢真也)