2006.02.28

【インフルエンザ速報】患者数は順調に減少、前週の4割減に――学校患者数報告第13報から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年2月27日に発表したインフルエンザ様疾患発生報告の2005−2006年シーズン第13報によると、2006年2月12日〜2月18日には、全国の学校などにおける児童・生徒の患者数などは大幅に減少し、前週の6割前後となった。患者数は第12報の3万1839人から1万8429人に、欠席者数は同1万7718人から1万298人に減った。累計患者数は18万7386人になっている。

 学級閉鎖などがあった施設は計792校。このうち、学級閉鎖は全国で600校、学年閉鎖216校で、休校は21校だった。

 第13報の詳細は感染症情報センターWebサイトのこちらで閲覧できる(PDFファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「主治医は替えません」その言葉で覚悟を決めた シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:140
  2. 86歳女性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
  3. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:24
  4. 午前4時、3歳女児が煙草臭い母と救急外来に 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:246
  5. 肺炎球菌感染症の「常識」が変わる トレンド◎ワクチン型が激減、重症例は高齢にシフト FBシェア数:170
  6. 医療費や死亡率に出身大学による差はない BMJ誌から FBシェア数:112
  7. ステージ4肺癌+癌性リンパ管症患者の大冒険 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:54
  8. 大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:169
  9. 訪問看護でつい考えてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:95
  10. 「東京医大ではガバナンスが働いていなかった」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《2》証言その1 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正