日経メディカルのロゴ画像

2006.02.27

東京医科歯科大が性犯罪者専門外来を開設へ

 東京医科歯科大学は4月にも性犯罪者専門外来を開設する。保護観察期間満了者を対象とし、さらに自発的参加希望者も受け入れるのが特徴の一つ。外来の開設場所については、現在交渉中だという。同大難治疾患研究所の東本愛香氏らが2月23日に開催された日本社会精神医学会で発表した。

 2004年に発生した奈良小学女児誘拐殺人事件を機に、法務省は監獄法を改正し、性犯罪者処遇プログラムを策定するなど対策に乗り出している。性犯罪の再犯防止が目的だが、処遇期間に限界があるため、保護観察期間や仮出所期間を過ぎた性犯罪者の治療継続という面では、課題が残ると指摘されていた。

 このため難治疾患研究所では、性犯罪者の治療を継続して行う受け皿が必要と考え、性犯罪者専門外来を開設することにした。同時に、自発的参加希望者も受け入れるが、こちらは犯罪を未然に防ぐための治療プログラムという意味合いとなる。

 具体的な治療は、認知行動療法にもとづくグループセッションや個人面接、あるいは薬物療法を検討している。グループの構成は、6〜8人を1グループとし、基本的には固定したメンバーで行う。1セッション2時間で、12セッションを1クールとし3カ月間実施する計画だ。

 わが国では、性犯罪者への本格的な治療アプローチはまだ緒についたばかり。患者のプライバシー問題をはじめ、再犯防止効果の検証など課題も少なくない。性犯罪者専門外来という第一歩が今後どのように成長していくのか見守って行きたい。(三和護、医療局編集委員)