日経メディカルのロゴ画像

2006.02.22

【インフルエンザ速報】患者数などは前週の6割前後に減少――学校患者数報告第12報から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年2月20日に発表したインフルエンザ様疾患発生報告の2005−2006年シーズン第12報によると、2006年2月5日〜2月11日には、全国の学校などにおける児童・生徒の欠席や学級閉鎖などは、おおむね前週の6割前後へと大幅に減少した。患者数は第11週の5万770人から3万1839人に、欠席者数も11報の2万8722人から1万7718人になった。累計患者数は16万7386人になっている。学級閉鎖などがあった施設は計1316校。このうち、学級閉鎖は全国で983校、学年閉鎖は306校で、休校は27校だった。

 第12報の詳細は感染症情報センターWebサイトのこちらで閲覧できる(PDFファイル)。(中沢真也)