2006.02.19

脳卒中の有意な予測因子は収縮期血圧

 収縮期血圧(SBP)は、脳卒中全体、虚血性脳卒中あるいは出血性脳卒中のいずれでも、有意な予測因子であることが分かった。ボストンのBrigham and Women's 病院のThomas Bowman氏が2月18日、セッション「Community/Risk Factors」で発表した。

 高血圧は、脳卒中の確立した危険因子である。だが、脳卒中の最善の予測因子かどうかは、はっきりしないまま。この問題意識の基に研究グループは、高血圧が脳卒中全体、あるいは虚血性や出血性それぞれの脳卒中を予測する因子として位置づけられるかどうか検討した。

 研究グループは、健康な男性医師を対象に行われた大規模臨床試験Physicians' Health Studyにおいて、19.4年間(中央値)追跡された1万1467人を対象に、前向きの調査を行った。収縮期血圧(SBP) と拡張期血圧(DBP) については、ベースラインと2年後のデータを収集した。分析では、脳卒中の主な危険因子で調整したコックス比例ハザードモデルに基づき、脳卒中全体、あるいは虚血性、出血性の脳卒中を発症する相対リスクとその95%信頼区間を求めた。

 追跡期間中508件の脳卒中が把握された。虚血性が411例、出血性が89例、病因不明が8例だった。収縮期血圧(SBP) が10mmHg上昇するごとに脳卒中を発症する相対的リスクは、脳卒中全体が1.31(95%信頼区間1.20-1.42)、虚血性脳卒中が1.28(95%信頼区間1.16-1.40)、出血性脳卒中が1.38(95%信頼区間1.13-1.68)だった。

 一方、拡張期血圧(DBP) 、脈圧(pulse pressure:PP)および24時間血圧平均値(MAP)は、収縮期血圧(SBP)単独より優れたパラメーターではなかった。また、拡張期血圧(DBP) を収縮期血圧(SBP)に加えても、脳卒中全体、虚血性あるいは出血性脳卒中のいずれでも、収縮期血圧(SBP)単独の結果を有意に向上させることはなかった(すべてp>0.05)。

 これらの結果から研究グループは、「収縮期血圧(SBP)は、脳卒中全体、虚血性脳卒中あるいは出血性脳卒中のいずれでも、有意な予測因子だった」と結論づけた。また、収縮期血圧(SBP)だけが危険を予測するパラメータであったことから、脳卒中の予防上の意義も強調した。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:408
  2. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:46
  3. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:830
  4. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:441
  5. これって幻覚!? 病院珍百景 FBシェア数:18
  6. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. タクロリムスの特性活かしたプロアクティブ療法 皮膚科のくすり虎の巻 FBシェア数:72
  8. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:451
  9. ブランド戦略のプロに教わった自院PRのコツ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:32
  10. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:63
医師と医学研究者におすすめの英文校正