2006.02.10

お腹の内側の脂肪分解・燃焼を促す18種類の生薬配合 小林製薬が、一般医薬品「ナイシトール85」を3月発売

 小林製薬は、肥満に悩む40〜50代の男性をターゲットに、18種類の生薬エキスを配合した錠剤の一般医薬品「ナイシトール85」を3月16日に全国発売する。カンゾウ、トウキ、シャクヤクほか植物性の生薬から抽出した乾燥エキスなどが原料。この処方は漢方の防風通聖散として知られ、便秘、むくみ、高血圧に伴う肩こりや、のぼせの改善、お腹の内側の脂肪の分解・燃焼を促す作用が期待できる。

 実際に、「ナイシトール85」を同社社員の40〜50代男性4人が1カ月間服用したところ、試験前に比べ、腹部まわりの内側の脂肪面積が約2割減少したことが確認されている。

 防風通聖散の一般医薬品では、カネボウ薬品の「コッコアポ」シリーズがよく知られているが、同シリーズでは便秘の効能をメインに訴求している。一方、小林製薬ではインターネットを使い、昨今注目される病態メタボリックシンドロームが増加中という状況を独自に調査し、「ナイシトール85」では「お腹の内側の脂肪への効果」を訴求していくようだ。

 同社が全国の20〜50代の男女250人に対して行った調査によると、腹囲が85cm以上の内臓脂肪型肥満であると自己申告した人が男性の4割以上を占めた。また、メタボリックシンドロームの診断基準に当てはまると答えた男性は、女性の3%に比べて14%と高かったという。
  
 発売予定品のパッケージでは、防風通聖散の漢方名は成分表記部分にとどめる一方で、原料生薬18種類のイラストと「おなかの内側の脂肪に」という効能が大きく配置されている。これにより、旧来型の漢方薬ではなく、新効能のサプリメントのイメージとなった。
 
 定価は180錠、2940円。1回4錠を1日3回、食前または食間に服用する。3月から薬局、薬店で販売し、初年度4億5000万円の売り上げを目指す。(熊 介子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「主治医は替えません」その言葉で覚悟を決めた シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:140
  2. 86歳女性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
  3. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:24
  4. 午前4時、3歳女児が煙草臭い母と救急外来に 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:246
  5. 肺炎球菌感染症の「常識」が変わる トレンド◎ワクチン型が激減、重症例は高齢にシフト FBシェア数:170
  6. 医療費や死亡率に出身大学による差はない BMJ誌から FBシェア数:112
  7. ステージ4肺癌+癌性リンパ管症患者の大冒険 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:54
  8. 大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:169
  9. 訪問看護でつい考えてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:95
  10. 「東京医大ではガバナンスが働いていなかった」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《2》証言その1 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正