日経メディカルのロゴ画像

2006.02.09

エーザイがエランの疼痛治療薬の欧州における権利取得

 エーザイとアイルランドエラン社は2月8日、エラン社が米国で販売中の非オピオイド系重度慢性疼痛治療薬酢酸ジコノタイド(製品名:Prialt)の欧州地域における開発・製造・販売の独占的な権利をエーザイが取得すると発表した。

 酢酸ジコノタイドは、巻貝から抽出されたペプチドを全合成した薬剤。神経性Nタイプカルシウムチャンネルを選択的に阻害することで疼痛を抑制する。米国では、2004年12月に髄腔内投与による重度慢性疼痛を適応症として承認されている。欧州でも米国と同じ適応症で2005年2月に販売承認を獲得している。非オピオイド系の髄腔内投与による重度慢性疼痛治療剤としては、欧州で初めての薬剤となった。(横山勇生)