2006.02.09

マッシュルーム由来の菌類を配合したホームピーリング剤 ジョンソン・エンド・ジョンソンが発売

 ジョンソン・エンド・ジョンソンは、ピーリング成分として一般的に配合される“酸”の代わりにマッシュルーム由来の菌類を配合した新しいタイプのピーリング剤「RoC ピーレックス ラディアンス」を3月1日に発売する。

 ピーリングとは、顔のくすみを消し、透明感や輝きを取り戻すために、肌表面にとどまった古い角質や角栓を取り除く皮膚剥離術のこと。通常はAHA(アルファヒドロキシ酸、通称フルーツ酸)やBHA(サリチル酸)といった酸を使い、古い角質を溶かし出すという方式が一般的だ。

 同社では、より安全で手軽な方法を模索した結果、肌が本来持っている成分で、角質の剥離・脱落を促すカセプシンD酵素(タンパク質分解酵素)に着目。これと似た働きをする、マッシュルーム由来の菌類「ムコル ミエヘイ エキス」を配合した。

 ジョンソン・エンド・ジョンソン・U.S.Aが2004年、73人の女性を対象に行った臨床試験データによると、この商品を週2回(最初の週のみ3回)のペースで継続して使用したところ、シワは10週間で平均24%減となった。これは、同社基準の「肌年齢」に換算して平均13.3歳の若返りにあたることが確認されたという。

 使用法は、洗顔後の乾いた顔全体にサクランボ1個分の量を薄く延ばし、そのまま5〜10分放置したあと、ぬるま湯でしっかり洗い流すというもの。週に2〜3回の使用が目安という。希望小売価格は40mLで3990円。(蓬莱明子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
  2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  3. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. VTE患者が抗凝固療法を中止した場合の再発率 BMJ誌から
  6. 冠動脈造影CTは誰に実施すべきか? BMJ誌から
  7. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
  8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
  9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
  10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
医師と医学研究者におすすめの英文校正