2006.02.09

マッシュルーム由来の菌類を配合したホームピーリング剤 ジョンソン・エンド・ジョンソンが発売

 ジョンソン・エンド・ジョンソンは、ピーリング成分として一般的に配合される“酸”の代わりにマッシュルーム由来の菌類を配合した新しいタイプのピーリング剤「RoC ピーレックス ラディアンス」を3月1日に発売する。

 ピーリングとは、顔のくすみを消し、透明感や輝きを取り戻すために、肌表面にとどまった古い角質や角栓を取り除く皮膚剥離術のこと。通常はAHA(アルファヒドロキシ酸、通称フルーツ酸)やBHA(サリチル酸)といった酸を使い、古い角質を溶かし出すという方式が一般的だ。

 同社では、より安全で手軽な方法を模索した結果、肌が本来持っている成分で、角質の剥離・脱落を促すカセプシンD酵素(タンパク質分解酵素)に着目。これと似た働きをする、マッシュルーム由来の菌類「ムコル ミエヘイ エキス」を配合した。

 ジョンソン・エンド・ジョンソン・U.S.Aが2004年、73人の女性を対象に行った臨床試験データによると、この商品を週2回(最初の週のみ3回)のペースで継続して使用したところ、シワは10週間で平均24%減となった。これは、同社基準の「肌年齢」に換算して平均13.3歳の若返りにあたることが確認されたという。

 使用法は、洗顔後の乾いた顔全体にサクランボ1個分の量を薄く延ばし、そのまま5〜10分放置したあと、ぬるま湯でしっかり洗い流すというもの。週に2〜3回の使用が目安という。希望小売価格は40mLで3990円。(蓬莱明子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1710
  2. 「20日間無料」のサービスに申し込んだら… 開業の落とし穴 FBシェア数:9
  3. 救急医に必要な2つの判断能力 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:74
  4. 終末期癌患者の鎮静に8年ぶりの手引き リポート◎鎮静に新たな概念を導入 FBシェア数:449
  5. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:328
  6. インフルエンザに対する漢方薬の効果は? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:292
  7. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:4
  8. ジョーンズの美女は木に姿を変えて男を待つ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:1
  9. 製薬マネーの減少が学会を窮地に追い込む 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《2》 FBシェア数:1274
  10. 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらい… シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 FBシェア数:161
医師と医学研究者におすすめの英文校正