2006.02.06

HIV患者のT細胞のCCR5を破壊する臨床試験が米国で今年末に開始

 米Sangamo BioSciences社は、DNA結合構造であるジンクフィンガーとヌクレアーゼを結合した製剤(ZFN)のエイズ患者を対象としたフェーズ1/2臨床試験を2006年終わりに開始する計画だ。2月3日に大阪府豊中市で開催された第4回遺伝子治療国際シンポジウムで同社Vice President,ResearchのPhilip Douglas Gregory氏(写真)が発表したもの。

 ZFNは配列特異的に結合するたんぱく質とヌクレアーゼの一種であるFokIの酵素活性ドメインを融合させたもの。エイズ治療用のZFNは、HIVがT細胞に感染する場合の補助受容体であるCCR5を標的にしている。患者から取り出したT細胞のエレクトロポレーションでZFNを取り込ませ、CCR5を破壊させたT細胞を患者に戻すというものだ。対象となるのは抗HIV薬による強力な併用療法(HAART)を受けてHIV-RNAが安定的に検出される患者。CCR5を破壊したT細胞を1×1010個投与することを1回から3回行う。試験の主目的は安全性の評価だが、CCR5を破壊したT細胞の動態、HIV-RNAのレベル、CD4陽性T細胞数の評価も行う計画だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:280
  2. 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:65
  5. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1451
  6. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:304
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:176
  8. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:66
  9. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:223
  10. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:329
医師と医学研究者におすすめの英文校正