2006.02.02

FDAが狭心症の新しい治療薬を10余年ぶりに承認

 米国食品医薬品局(FDA)は1月31日、慢性狭心症の治療薬として、Ranexa (成分名:ラノラジン)を承認した。狭心症の治療薬としては、10余年ぶりの承認だという。ラノラジンはQT間隔を延長する作用があるため、長時間作用性の硝酸塩やカルシウムチャネル拮抗薬、β遮断薬といった従来の狭心症治療薬に反応しない人だけが投与の対象となる。

 治験では、カルシウムチャネル拮抗薬を服用しながらも、週に約4.5回の狭心症発作のある565人を2群に分け、ラノラジンとプラセボをそれぞれ6週間投与した。その結果、ラノラジン群では狭心症発作がおよそ週1回減ったという。

 もう1つの治験は、カルシウムチャネル拮抗薬またはβ遮断薬のいずれかを服用している狭心症患者823人を対象に、12週間行った。その結果、ラノラジン群ではプラセボ群に比べ、トレッドミル試験で運動能力の改善が見られた。また、両者の治験でラノラジンの効果は、女性において低い傾向が見られたとしている。

 Ranexaの製造元は、CV Therapeutics社(カリフォルニア州パロアルト)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1479
  2. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:72
  3. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:298
  4. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:305
  5. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  6. わかるけど…な服薬指導 病院珍百景 FBシェア数:36
  7. NSAIDではジクロフェナクのMACEリスクが高… BMJ誌から FBシェア数:74
  8. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:66
  9. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  10. COPD患者に対するデキサメタゾンは高山病を予防… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正