2006.02.01

【インフルエンザ速報】報告数が大幅増加、全都道府県で注意報以上に――インフルエンザレベルマップ2006年3週分から

 2006年第3週(2006年1月16日〜1月22日)には、インフルエンザの流行が一気に拡大した。インフルエンザ様疾患の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)は、全国平均で第2週の13.9からほぼ倍増の26.2になった。

 警報レベルを超えた地域も、36都府県の169カ所、注意報レベルだけを超えた地域は、宮崎県を除く46都道府県の315地域に達した。

 前週までは警報レベルを超えているのは、西日本に限られていたが、第3週には関東、東北など東日本地域にも広がった。都道府県別では、宮崎県が県内の9地域すべてが警報レベル以上になり、県平均で61.7となったほか、佐賀県(54.2)、福岡県(49.9)、鳥取県(44.7)鹿児島県(43.6)、静岡県(42.7)、兵庫県(39.4)、山口県(39.2)などが多い。

 一方、2005年第36週以降に検出されたインフルエンザウイルスは、ソ連型(AH1)が109件、香港型(AH3)が555件でB型は3例となっている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:51
  2. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:26
  3. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:135
  4. 3歳8カ月男児。突然笑い出す。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:27
  6. 好機! 「入退院支援」が新たな収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:26
  7. 30歳男性。深夜3時からの吐き気と心窩部痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:6
  8. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:62
  9. 抗結核薬のせいじゃない。○○による肝障害 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:24
  10. 便潜血陽性者が大腸内視鏡精査を拒否したら? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:81
医師と医学研究者におすすめの英文校正