日経メディカルのロゴ画像

2006.02.01

【インフルエンザ速報】報告数が大幅増加、全都道府県で注意報以上に――インフルエンザレベルマップ2006年3週分から

 2006年第3週(2006年1月16日〜1月22日)には、インフルエンザの流行が一気に拡大した。インフルエンザ様疾患の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)は、全国平均で第2週の13.9からほぼ倍増の26.2になった。

 警報レベルを超えた地域も、36都府県の169カ所、注意報レベルだけを超えた地域は、宮崎県を除く46都道府県の315地域に達した。

 前週までは警報レベルを超えているのは、西日本に限られていたが、第3週には関東、東北など東日本地域にも広がった。都道府県別では、宮崎県が県内の9地域すべてが警報レベル以上になり、県平均で61.7となったほか、佐賀県(54.2)、福岡県(49.9)、鳥取県(44.7)鹿児島県(43.6)、静岡県(42.7)、兵庫県(39.4)、山口県(39.2)などが多い。

 一方、2005年第36週以降に検出されたインフルエンザウイルスは、ソ連型(AH1)が109件、香港型(AH3)が555件でB型は3例となっている。(中沢真也)