日経メディカルのロゴ画像

2006.01.30

【更新】吸入インスリンが欧州に続き米国でも承認

 米国食品医薬品局(FDA)は1月27日、米Pfizer社の吸入投与型インスリン「Exubera」を承認した。パウダー状の遺伝子組み換え型インスリンを吸い込むもので、成人1型、2型糖尿病が投与の対象となる。FDAでは、「吸引インスリンの登場で、血糖値のより適切なコントロールにつながる、より多くのオプションを患者に提供できるのではないか」としている。前日の1月26日には欧州委員会からExuberaの販売認可を獲得しており、欧米で相次いで承認を獲得したことになる。

 Exuberaは、1型糖尿病の場合には、従来の短時間作用性インスリンに代わって投与し、長時間作用性インスリンはこれまで通り投与することになる。また2型糖尿病の場合には、経口の糖尿病治療薬や長時間作用性インスリンと、Exuberaを併用することになるという。

 約2500人の成人1型・2型糖尿病の人を対象に行った治験では、投与後に血中インスリン値がピークに達するまでの時間は、従来の注射によるインスリンが平均105分(測定値幅は60〜240分)だったのに対し、Exuberaでは平均49分(同30〜90分)と、より短時間だった。

 なおExuberaは、喫煙者や6カ月以内に喫煙を止めた人は使用できないという。また、喘息、気管支炎、気腫のある人も、使用すべきではないとしている。詳しくは、FDAの[ニュースリリースhttp://www.fda.gov/bbs/topics/news/2006/NEW01304.html]まで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


更新:製品写真を掲載しました