日経メディカルのロゴ画像

2006.01.27

吸入インスリンが実用化、米ファイザーが欧州で販売認可を取得

 米Pfizer社は、1月26日、吸入型インスリン製剤「Exubera」の販売認可を欧州委員会から取得したことを発表した。成人の1型と2型糖尿病を対象に認可されたもの。吸入インスリンが実用化されるのは初めてになる。わが国ではフェーズ1臨床試験が実施されており、米国では審査が行われている段階だ。

 Exuberaは米Nektar Therapeutics社が開発した微粉化する器具を使って食前に吸入する。注射ではないため、患者にとって負担が軽くなる製品だ。(横山勇生)