2006.01.26

わが国初のクラミジアと淋菌の同時遺伝子検査薬が保険適用へ

 富士レビオの遺伝子増幅法を利用して淋菌とクラミジアトラコマチスを同時に検査する検査薬「アプティマ Combo2 クラミジア/ゴノレア」の保険適用が可能になる。1月25日に開催された中央社会保険医療協議会の総会で保険適用が承認されたもの。認められた点数は300点。「アプティマ Combo2 クラミジア/ゴノレア」はわが国で初めて淋菌とクラミジアを同時検出する遺伝子検査薬。2005年9月16日に発売されていたが、保険適用が可能になることで、売り上げが本格化することになる。

 「アプティマ Combo2 クラミジア/ゴノレア」は、RNAの形で遺伝子を増幅するTMA法と2種類の遺伝子を同時に検出する方法であるDKA法を利用している。

 25日の中央社会保険医療協議会総会では和光純薬が申請していたプロカルシトニンの検査の保険適用も承認された。血清中または血漿中のプロカルシトニンをモノクローナル抗体で検出する製品で、敗血症(細菌性)の鑑別診断および重症度判定の補助に利用される。承認された保険点数は320点。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1710
  2. 「20日間無料」のサービスに申し込んだら… 開業の落とし穴 FBシェア数:9
  3. 救急医に必要な2つの判断能力 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:74
  4. 終末期癌患者の鎮静に8年ぶりの手引き リポート◎鎮静に新たな概念を導入 FBシェア数:449
  5. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:328
  6. インフルエンザに対する漢方薬の効果は? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:292
  7. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:4
  8. ジョーンズの美女は木に姿を変えて男を待つ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:1
  9. 製薬マネーの減少が学会を窮地に追い込む 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《2》 FBシェア数:1274
  10. 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらい… シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 FBシェア数:161
医師と医学研究者におすすめの英文校正