2006.01.24

インドネシアで姉弟2人がH5N1感染、ほか家族2人も入院中、WHOが発表

 世界保健機関(WHO)は1月23日、インドネシアで新たに2人のトリインフルエンザウイルス(H5N1)感染確定例が確認されたと発表した。インドネシア保健省の発表に基づくもの。

 1人は13歳の少女で、1月6日に発症し、12日に入院したが、同月14日に死亡した。もう1人はこの少女の弟で4歳の男児。1月8日に発症し、14日に入院したが、1月17日に死亡した。この姉弟の父親(43歳)と14歳の姉も呼吸器症状で入院中で、H5N1ウイルス感染の有無の検査が進められている。

 この家族の住居の近隣では家禽における大規模な感染が発生しており、家族が飼育していた鶏も、最初の患者が発生する3日前から死亡し始めていた。その際、処分作業などのため、家族全員が発症した鶏に接触していたことが判明している。

 上記2人の確定例を含め、インドネシアのH5N1感染者は19人になった。このうち14人は死亡している。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:408
  2. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:46
  3. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:830
  4. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:441
  5. これって幻覚!? 病院珍百景 FBシェア数:18
  6. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. タクロリムスの特性活かしたプロアクティブ療法 皮膚科のくすり虎の巻 FBシェア数:72
  8. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:451
  9. ブランド戦略のプロに教わった自院PRのコツ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:32
  10. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:63
医師と医学研究者におすすめの英文校正