日経メディカルのロゴ画像

2006.01.20

オリンパス、早期肺がん遺伝子検査の臨床試験を今秋にも米国で開始

 オリンパスは、米Cangen Biotechnologies社と共同開発する早期肺がん遺伝子検査システムの臨床試験を、早ければ今秋にも米国で開始する見通しだ。同社ライフサイエンスカンパニーバイオメディカル開発部部長の中村誠氏(写真)がこのほど明らかにしたものだ。開発するシステムはCangen社の遺伝子の構造変化を測定する技術とオリンパスの高感度検出技術を組み合わせることで血液を用いて検査しようというものだ。 両社はまずは術後のモニタリングに利用される検査として実用化を目指す考えで、その後ハイリスク群の検査、健康診断へと展開させていく計画だ。

 両社は韓国のヒュンダイ病院から患者400人分の病変を入手して解析し、がん病変に特異的に変化している遺伝子の構造変化(マーカー)を複数個同定することに成功した。そして、遺伝子の構造変化を非小細胞肺がんの早期(1期、2期)患者の組織検体の7割から8割で検出することが確認できたという。

 今後、両社は血液を利用して実際にマーカーが検出できるか検討を進める計画だ。血液での検査を実現するためには、検査の高感度化が不可欠になるが、オリンパスは検査に携わる人が普通に利用できるもので血中の遺伝子を検出できる技術の開発にメドをつけているという。マイクロフィブリケーション技術などを活用したものだ。

 オリンパスは生活習慣病の健康診断、薬物代謝酵素の検査でも遺伝子検査の導入を目指しているが、中村氏は「がんの遺伝子検査は、潜在的に大きなポテンシャルが最初からある」と注力する方針を語った。(横山勇生)