2006.01.16

スタチン投与が心筋梗塞の2次予防に有効、特にCRP高値群で効果大

 大阪大学大学院医学系研究科教授の堀正二氏らの研究グループは、低比重リポたんぱく質(LDL)値に関係なく、スタチン製剤が心筋梗塞患者の生命予後の改善に効果があることを見出した。また、この効果は特にC反応性たんぱく質(CRP)高値群で大きかった。心筋梗塞の2次予防にスタチンが有用であることを示したことになる。成果は1月14日に都内で開催された日本成人病(生活習慣病)学会の一般講演で発表された。

 堀氏らは1998年から2003年までの大阪急性冠症候群研究会(OACIS)登録患者のうち、生存退院した4099例を対象として調査を行った。退院時のスタチン治療の有無で2群(スタチン投与群1191例、非投与群2908例)に分け、1年間の生命予後を調べた。その結果、スタチン投与群は非投与群に比べて有意に生命予後が良好であることを確認した。LDL値130mg/dLで分けて解析したが、LDL値に関係なく予後が有意に良好だった。また、わが国の心筋梗塞患者のLDL値は欧米に比べて、低い傾向にあることが明らかとなった。

 一方、CRP値0.29mg/dLで患者を2群に分けたところ、0.29mg/dL未満群ではスタチン投与による予後の差はなかったが、0.29mg/dL以上群ではスタチンの投与によって有意に予後が改善できることが確認された。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:253
  2. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:57
  4. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:139
  5. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:59
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:51
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:174
  8. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 3年がかりのパンダ撮影の舞台裏 医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編 FBシェア数:0
  10. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正