日経メディカルのロゴ画像

2006.01.16

インドネシアで17人目のトリインフルエンザ感染者

 世界保健機関(WHO)は1月14日、インドネシアで新たなH5N1亜型のトリインフルエンザウイルス感染者が検査の結果、確認されたと発表した。インドネシア保健省が確認した患者はジャカルタ病院の病棟助産婦として勤務していた29歳の女性で、昨年12月31日に発症し、1月2日に入院、1月11日に死亡した。インドネシアにおけるH5N1感染者数は17人、死亡者は12人になった。

 同国保健省とWHOの調査によると、発症前2週間に近隣で家禽の死亡があったことが判明しているほか、患者自身が発症数日前に生鶏を扱う市場に出向き、屠殺されたばかりの鶏を購入していたことが分かっている。

 患者が勤務していた病院内における感染が危惧されたが、この女性の発症直前に、入院患者や同僚にインフルエンザ様症状があった者はなく、またこの女性から患者や同僚に感染が起きた兆候もないという。

 WHOの感染症流行速報はこちらで閲覧できる。(中沢真也)