日経メディカルのロゴ画像

2006.01.15

【インフルエンザ速報】患者は2005年内累計で8000人超――学校患者数報告第7報から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年1月12日に発表したインフルエンザ様疾患発生報告の2005−2006年シーズン第7報によると、2005年12月18日〜12月31日の間、全国の学校施設のうち、108施設で学級閉鎖などがあった。前シーズン同時期にはわずか6校で流行の早い立ち上がりがうかがえる。児童・生徒の患者発生は第6報と同数の19道府県から報告されている。全国の患者数は2950人で、前年同時期の141人の20倍と多い。シーズン入りからの累計患者数は8244人に達した。欠席者数は1823人だった。

 学級閉鎖は全国で71校、このうち大阪府が24校、岡山県が20校と多い。学年閉鎖は31校で、休校は6校だった。

 第7報の詳細は感染症情報センターWebサイトのこちらまで(PDFファイル)。(中沢真也)