2006.01.12

インフルエンザ流行拡大中、岡山県は県平均で警報レベル超える

 インフルエンザ流行の拡大が続いている。国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年1月12日に更新したインフルエンザ流行レベルマップによると、2005年第52週(12月26日〜1月1日)には、インフルエンザの定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)の全国平均値は、第51週の4.0からさらに伸び、5.3になった。

 注意報レベルだけを超えている地域は26都府県の80地域に、警報レベルを超えている地域は6府県の11地域に達した。注意報以上の水準になっている地域は、東北、中部、近畿、中国、九州・沖縄に多い。なかでも岡山県は、全11保健所管轄地域のうち、南東部の東備保健所管轄地域以外の10地域が注意報レベルを超え、県平均の定点あたり報告数が32.7と、警報レベルを超えている。このため、岡山県では1月6日付けでインフルエンザ警報を発令した。

 インフルエンザウイルスの検出状況は、2005年第36週以降、2006年1月5日までに、ソ連型(AH1)が52例、香港型(AH3)が173例、B型が2例報告されている。近年の状況と比べ、比較的、ソ連型が多いのが特徴だ。

 インフルエンザの注意報レベルは、保健所管轄地域単位の流行の規模を示すもので、1週間の定点あたり報告数が10を超えた段階を意味する。警報は同じく1週間の定点あたり報告数が30を超える状況を示す。ただし、注意報、警報とも10を下回った時点で解除される。都道府県が発令する注意報、警報とは異なる。

 インフルエンザ流行レベルマップ2005年第52週分はこちらで閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

北海道で発生した地震の影響により、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション各誌の2018年9月号のお届けに一部遅れが生じます。ご理解のほどお願い申しあげます。

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1175
  2. 精神病院のいまとこれから 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:64
  3. 自らの「診断エラー」に真正面から対峙せよ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:83
  4. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:303
  5. かつてない異常気象が縦隔気腫の原因に? 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:13
  6. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:145
  7. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 入院させたがる精神科医に抱く疑問 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:114
  9. 緩和ケア病棟は「死ぬまでの間を生きる場所」 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:103
  10. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:273
医師と医学研究者におすすめの英文校正