2006.01.11

塩野義製薬、米社と新規疼痛治療薬の共同研究、販売に関する契約を締結

 塩野義製薬は2006年1月10日、米Purdue Pharma L.P.社と新規疼痛治療薬の共同研究および全世界での共同販売に関する契約を締結したと発表した。今回の共同研究では、体内の疼痛反応を調節するいくつかの受容体や経路を標的とする3プログラムの新規化合物の開発に焦点を当てるという。

 今回の契約内容は、臨床試験費用は両社で負担、共同研究から創製されるすべての疼痛治療薬を、両社が共同で全世界に販売・販促していくというもの。また、塩野義製薬は当初3年間の共同研究費及び一定の時点でマイルストーン金を支払い、Purdue 社は疼痛治療薬の販売額に応じてマイルストーン金を塩野義製薬に支払う。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:14
  2. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  3. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  4. CKDのあるAF患者に抗凝固薬を使うべきか? BMJ誌から FBシェア数:0
  5. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:113
  6. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  7. 医師も患者も怖い「原因不明」の病の正体 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  8. 安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下 Lancet誌から FBシェア数:16
  9. 敗血症性ショックにステロイド併用の利益あり NEJM誌から FBシェア数:0
  10. 総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられない シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正