2006.01.04

FDAが骨髄異形成症候群の治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2005年12月28日、第5番染色体異常を伴う骨髄異形成症候群の治療薬として、Revlimid (一般名:レナリドミド)を承認した。

 治験では、レナリドミドを投与した患者の多くが、3カ月後までに輸血が不必要な状態に改善したという。そうした輸血が不要な状態は平均で44週間継続した。FDAによると、米国では年間7000〜1万2000人が新たに骨髄異形成症候群の診断を受けるという。

 なおレナリドミドは、重度の出生時欠損の原因として知られる薬であるサリドマイドと構造的に似ているため、レナリドミドの同様なリスクの有無については、追加試験を行っている最中だという。そのため当面、事前に登録した医師や薬剤師のみが限定的に処方を行う。

 Revlimidの販売元は、米Celgene Corporation社(ニュージャージー州Summit)。詳しくはFDAのWebサイトのこちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:29
  2. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:54
  3. 主訴<頭痛>の救急患者への対応法 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:53
  4. 3歳8カ月男児。突然笑い出す。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  6. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:71
  7. GPの”相棒”グラム染色を活用しよう! 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:31
  8. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:142
  9. 54歳男性。全身倦怠感と皮疹 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」 FBシェア数:28
  10. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:38
医師と医学研究者におすすめの英文校正