2005.12.27

認知症治療剤塩酸ドネペジルの口腔内崩壊錠の剤形追加承認が欧州12カ国で合意

 エーザイは2005年12月27日、英国子会社エーザイ・リミテッドが、欧州相互認証制度に基づいて申請中だったアルツハイマー型痴呆(認知症)治療剤塩酸ドネペジル(製品名「アリセプト」)の口腔内崩壊錠の剤形追加を、12月22日に、審査調整国である英国医薬品医療製品規制庁(MHRA:Medicines and Healthcare Products Regulatory Agency)から承認合意書を受けとったと発表した。承認合意国は、ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、ベルギー、デンマーク、ルクセンブルグ、フィンランド、ギリシャ、アイルランド、ポルトガル、スウェーデンの12カ国で、承認証は各国の医薬品審査当局から今後順次発行される予定。

 口腔内崩壊錠は、主に嚥下困難なアルツハイマー病の患者様が服用しやすくなることを目的とした剤形。日本では2004年7月から、米国では2005年6月から口腔内崩壊錠を販売しており、英国では2005年5月に承認を取得している。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:24
  2. 不眠治療で大事な「3つのP」とは 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」 FBシェア数:71
  3. 明日出合うかもしれないまれな疾患に気付くには EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:137
  4. 水分摂取量増加で膀胱炎の再発は減らせる JAMA Intern Med誌から FBシェア数:159
  5. 医師の4割超が詐欺や悪徳業者に遭遇 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《4》手口の実態(前編) FBシェア数:38
  6. 「病院病床バブル」はいつまで続くか? 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  7. 解決できない問題に遭遇、あなたならどうする? シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:15
  8. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:43
  9. 自覚の薄い「研究不正」に要注意!! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:56
  10. ノーベル賞と論文の被引用数「hインデックス」 記者の眼 FBシェア数:31
医師と医学研究者におすすめの英文校正