日経メディカルのロゴ画像

2005.12.26

T細胞を制御する新しい抗リウマチ薬アバタセプトが米国で認可

 関節リウマチに対する新しい生物学的製剤が米国で誕生する。米Bristol-Myers Squibb社のアバタセプト(商品名:Orencia)で、米食品医薬品局から販売認可を獲得したと2005年12月23日に発表した。

 アバタセプトは既存の腫瘍壊死因子(TNF)を抑制する生物学的製剤と異なり、CD28、CD80、CD86分子を介してT細胞を活性化させる際の補助刺激シグナルを調節することで効果を発揮する薬剤。ヒト化した受容体と免疫グロブリン(IgG)の一部を結合させた構造を持つ生物製剤で、静脈内注射で投与される。作用メカニズムが異なるためTNFアンタゴニストが無効な関節リウマチ患者に効果のある薬剤になると期待されている。

 アバタセプトは、1剤以上の抗リウマチ薬(DMARDs)かTNFアンタゴニストが無効であった中等度から重度の成人の活動性リウマチ患者を対象に、関節リウマチの症状を軽減し、主要な臨床反応を誘導、構造的な損傷の進行を遅らせ、物理的な機能を改善させる薬剤として認可された。単剤療法またはDMARDsとの併用投与が行われる。TNFアンタゴニストとの併用はすべきでないとされ、IL1アンタゴニストであるanakinraとの併用も進められないとされている。

 なお、アバタセプトはわが国ではフェーズ1臨床試験が行われている。(横山勇生)