2005.12.26

T細胞を制御する新しい抗リウマチ薬アバタセプトが米国で認可

 関節リウマチに対する新しい生物学的製剤が米国で誕生する。米Bristol-Myers Squibb社のアバタセプト(商品名:Orencia)で、米食品医薬品局から販売認可を獲得したと2005年12月23日に発表した。

 アバタセプトは既存の腫瘍壊死因子(TNF)を抑制する生物学的製剤と異なり、CD28、CD80、CD86分子を介してT細胞を活性化させる際の補助刺激シグナルを調節することで効果を発揮する薬剤。ヒト化した受容体と免疫グロブリン(IgG)の一部を結合させた構造を持つ生物製剤で、静脈内注射で投与される。作用メカニズムが異なるためTNFアンタゴニストが無効な関節リウマチ患者に効果のある薬剤になると期待されている。

 アバタセプトは、1剤以上の抗リウマチ薬(DMARDs)かTNFアンタゴニストが無効であった中等度から重度の成人の活動性リウマチ患者を対象に、関節リウマチの症状を軽減し、主要な臨床反応を誘導、構造的な損傷の進行を遅らせ、物理的な機能を改善させる薬剤として認可された。単剤療法またはDMARDsとの併用投与が行われる。TNFアンタゴニストとの併用はすべきでないとされ、IL1アンタゴニストであるanakinraとの併用も進められないとされている。

 なお、アバタセプトはわが国ではフェーズ1臨床試験が行われている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正