2005.12.14

びまん性大細胞型リンパ腫対象の分子標的抗がん剤フェーズ1試験、イーライリリーが国内で実施中

 日本イーライリリーはプロテインキナーゼC(PKC)βの阻害剤であるEnzastaurinのフェーズ1臨床試験を国内で開始していることをこのほど明らかにした。Enzastaurinは米Eli Lilly社初の分子標的抗がん剤。PKCβを阻害することで血管新生を抑制するとともにAKT/P13経路を阻害してがん細胞にアポトーシスを引き起こす。

 12月10日から米国アトランタで開催された米国血液学会で、Enzastaurinのびまん性大細胞型リンパ腫を対象にしたフェーズ2臨床試験で有望結果が得られたことが発表されている。フェーズ2試験は、平均で2件の別の治療法を受けたことがあるが再発した55人の患者を対象に行われた。患者は経口で当初は525mg、その後、用量変更し、500mgを1日1回、病状が悪化するか毒性の問題が発生するまで投与を受けた。その結果、55人中12人(22%で病気が進行しなかった期間が2カ月維持できた。さらに12人中3人は1年半から3年以上病気が進行しない状態を維持することができたという。

 患者は全般的にEnzastaurinの投与に忍容性を示したが、7例でグレード3の副作用が報告された。主な副作用は疲労感、血小板減少、頭痛などだった。

 Lilly社はこの試験結果を受けて、近くフェーズ3試験の患者登録を開始する計画だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:29
  2. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:54
  3. 主訴<頭痛>の救急患者への対応法 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:53
  4. 3歳8カ月男児。突然笑い出す。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  6. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:71
  7. GPの”相棒”グラム染色を活用しよう! 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:31
  8. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:142
  9. 54歳男性。全身倦怠感と皮疹 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」 FBシェア数:28
  10. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:38
医師と医学研究者におすすめの英文校正