日経メディカルのロゴ画像

2005.12.12

ノバルティスと小野がアルツハイマー型認知症治療薬候補の経皮吸収型リバスチグミン製剤の共同開発と共同販売で提携

 ノバルティス ファーマと小野薬品工業は12月12日、アルツハイマー型認知症の治療薬候補である経皮吸収型リバスチグミン製剤(開発コード:ENA713D)について、日本における共同開発と共同販売を行うことで合意したと発表した。この合意は、ノバルティス ファーマ社がENA713Dの日本における共同開発と共同販売の権利を小野薬品に供与したことによるものだ。

 リバスチグミンは、脳内神経伝達系を活性化するコリンエステラーゼ阻害薬の一種。アセチルコリンの分解酵素であるアセチルコリンエステラーゼ、ブチリルコリンエステラーゼの両方を阻害できる唯一の薬剤だという。アルツハイマー型認知症にはアセチルコリンエステラーゼが関与するだけでなく、病態の進行に伴ってブチリルコリンエステラーゼの関与がより強くなってくることが報告されているという。

 リバスチグミンの経口剤であるエクセロンカプセルは、アルツハイマー型認知症治療薬として1997年にスイスで最初に承認され、現在、70カ国以上で使用されている。経皮吸収型リバスチグミン製剤はアルツハイマー型認知症治療薬としては初の経皮吸収型製剤で、日本では現在ノバルティス ファーマがフェーズ2臨床試験を行っている。(横山勇生)