2005.12.12

エーザイの抗がん剤候補E7389が他剤無効乳がん患者で有望結果

 エーザイの米国臨床研究子会社であるエーザイ・メディカル・リサーチ社は12月9日、クロイソカイメン由来の海洋天然物ハリコンドリンBに類似した合成化合物であるE7389の他剤無効の乳がん患者を対象に単剤投与したフェーズ2臨床試験で有望な結果が得られたと発表した。同社は、米国San Antonioで開催された乳がんシンボジウムで現在後期フェーズ2試験段階にあるE7389の予備的な試験結果を公表したものだ。

 臨床試験には、28日間を投与期間の1サイクルとして71人の女性患者が登録された。そのうち65人の患者で有効性データ、48人の患者で安全性データが得られた。評価可能患者65人のうち、4サイクルを終了した段階で10例のPR (50%以上の腫瘍縮小効果)が確認され、21例はSDとなった。同社は進行した他剤無効の乳がん患者で約15%の奏効率が得られたことは、新規抗がん剤としての可能性が期待できる結果だとしている。

 E7389の主要な副作用は好中球減少症で、そのほか、軽度から中等度の吐き気、疲労感、脱水症、関節痛、呼吸困難、神経障害などが確認されたとしている。また、血液毒性が原因で試験を中断した症例はなかったという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 入試不正なんてどこにでもある。何をいまさら… 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《5》私立大卒医師匿名座談会 FBシェア数:75
  2. 「絶食、スルバクタムアンピシリン」でいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:193
  3. 70歳代男性。食思不振、湿性咳嗽 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. 発症後4.5〜9時間の脳梗塞にもtPAは有効 特報◎第11回世界脳卒中会議(WSC2018) FBシェア数:276
  5. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:98
  6. 骨粗鬆症診療では診断基準のみをアテにするな 宗圓聰の「総ざらい骨粗鬆症診療」 FBシェア数:10
  7. 「優秀だから」指導してもらえない中途採用者 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:14
  8. 2回心停止した重症外傷患者の生還 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:12
  9. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:33
  10. 採血を失敗し、患者に激怒された 患者とのコミュニケーション困難事例と対処法 FBシェア数:49
医師と医学研究者におすすめの英文校正