2005.12.08

塩酸ドネペジルの特許侵害でエーザイがTeva社相手に米国で提訴

 エーザイは12月8日、同社と米国事業会社であるEisai 社がアルツハイマー型痴呆(認知症)治療薬塩酸ドネペジル(製品名:アリセプト)について、米食品医薬品局(FDA)に後発品申請を行ったTeva社がエーザイが保有する物質特許を侵害しているとして米国ニュージャージー州連邦地方裁判所に訴訟を提起したと発表した。

 エーザイは、塩酸ドネペジルに関する米国における物質特許が2010年11月25日まで有効であるとして訴訟を起こしたものだ。

 「アリセプト」は、エーザイのアセチルコリンエステラーゼ阻害剤で、神経伝達物質である脳内アセチルコリン濃度を高める作用を持つ。軽度および中等度のアルツハイマー型痴呆(認知症)治療薬として、世界76カ国で販売されている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「主治医は替えません」その言葉で覚悟を決めた シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:140
  2. 86歳女性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
  3. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:24
  4. 午前4時、3歳女児が煙草臭い母と救急外来に 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:246
  5. 肺炎球菌感染症の「常識」が変わる トレンド◎ワクチン型が激減、重症例は高齢にシフト FBシェア数:170
  6. 医療費や死亡率に出身大学による差はない BMJ誌から FBシェア数:112
  7. ステージ4肺癌+癌性リンパ管症患者の大冒険 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:54
  8. 大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:169
  9. 訪問看護でつい考えてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:95
  10. 「東京医大ではガバナンスが働いていなかった」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《2》証言その1 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正