日経メディカルのロゴ画像

2005.12.06

バーチャル大腸内視鏡+画像診断ソフトで光学内視鏡並み精度で大腸腺腫を検出――米国の研究

 CTコロノグラフィ(CTC)はバーチャル大腸内視鏡とも呼ばれる。これに画像診断ソフトウエアを組み合わせてスクリーニングに用いたところ、従来の大腸内視鏡検査とほぼ同等の精度で、大腸腺腫を検出できるという研究成果が報告された。米国立衛生研究所(NIH)の研究グループが、約800人を対象に試験を行い明らかにしたもの。この検査法は、内視鏡検査より侵襲性が低く、患者の負担も小さい。同研究グループのRonald M. Summers氏は、「より多くの人が(大腸がんスクリーニングの)検査を受けやすくなるような方法を探し、完成させることが重要だ」としている。

 同氏らは、792人の被験者に対し、CTCと画像診断ソフトによる検査と、従来の大腸内視鏡による検査を併せて行い、比較した。その結果、直径10mm以上の腺腫の検出率は、CTC検査では89.3%、内視鏡検査では85.7%だった。直径8mm以上の腺腫について見てみると、その検出率はCTCでは85.4%、内視鏡では89.6%という結果が得られた。

 CTCにおける擬陽性率は、直径10mm以上の線種スクリーニングの場合、被験者1人あたり平均2.1カ所だった。また、大腸がんについては、CTCでは2人検出できたのに対し、内視鏡では1人だった。

 Summers氏は、多数の被験者を対象に行った試験でCTCによる検査成績が良好であったことから、「(同検査法は)確固とした技術だと言える」と語った。同氏はまた、この検査法は将来臨床現場で実用可能だと確信しているが、今後、臨床環境での更なる試験が必要だとしている。

 詳しくはNIHのニュースリリースを参照。この試験結果の原著は、Gastroenterology誌2005年12月号に掲載予定で、現在、同誌Webサイトに電子版が早期掲載されている。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)