日経メディカルのロゴ画像

2005.12.01

アステラス、米ゼノポート社とXP13512のライセンス契約を締結

 アステラス製薬は米国ゼノポート社から、疼痛治療剤「XP13512」を日本とアジアにおいて独占的に開発、販売するライセンスを得る契約を12月1日付けで締結したと発表した。

 XP13512はゼノポート社が創製し、開発中の疼痛治療薬。抗てんかん・抗神経因性疼痛薬「ガバペンチン(一般名)」を、ゼノポート社がプロドラッグ化した新規化合物。XP13512は、米国での臨床試験で、ガバペンチンより高い血中濃度が長時間持続することや、ヘルペス後疼痛や下肢静止不能症候群に対して有効であることが確認されている。

 日本での第1相臨床試験は、2006年半ばより開始する予定、なお、米国では、下肢静止不能症候群を対象にした第3相臨床試験を2006年前半に開始する予定だ。

 この件のプレスリリースはこちらから入手できる。(田村嘉麿)