2005.12.01

英Ionscope社、細胞を生きたまま高解像度解析が可能な顕微鏡を発売へ

 生細胞にダメージを与えず生きたまま高解像度で観察できる新しい顕微鏡が2カ月以内に発売される。英Ionscope社が開発したイオン伝導性顕微鏡と呼ぶ製品で、細胞にダメージを与える電子顕微鏡や原子間力顕微鏡ではできなかった細胞の表面変化を連続的に観察することが可能になる。薬剤を投与したあとの細胞の変化の観察や従来はできなかった細胞に対するパッチクランプも可能になるという。1台6万ポンドで全世界で発売することを同社の最高経営責任者であるNoah Freedman氏(写真)がこのほど明らかにした。

 Ionscope社が開発したイオン伝導性顕微鏡は、先端の直径が100nmのナノピペットを利用する。ナノピペットの先端から微量の電流を放出する。細胞の表面からナノピペットの間の距離に応じて放出された電流量が測定できることを利用して、ナノピペットを細胞の表面から20nmから30nmの一定の高さに維持することができる。この原理を利用して細胞の表面をスキャンすると細胞表面に全く接触せずに、ナノピペットの位置の変化から表面の凹凸を調べることが可能になるわけだ。解像度は水平面が5nmで垂直面が1nmだという。

 Freedman氏は、イオン伝導性顕微鏡を利用することで実際にニューロンのシナプスの観察や腎臓由来細胞がアルデステロンを投与することで一部の細胞が丸く膨らむことを観察できることなどの実例を示した。また、従来は入射角度のためにパッチクランプができなかった細胞でも、細胞表面凹凸を調べられることを利用して、極細のナノピペットを適切な場所に垂直に細胞表面に下ろすことでパッチクランプを行うことができるという。さらに蛍光染色などと組み合わせた解析などもできるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:48
  2. 感染拡大中のA型肝炎を見逃すな トレンド◎食品媒介感染症が性感染症として流行 FBシェア数:162
  3. 開業医の転医義務が問われた2つの最高裁判決 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:18
  4. 炭水化物摂取率と死亡率の関係にU字カーブあり 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:382
  5. 実は身近に起きている「コレステロール塞栓症」 記者の眼 FBシェア数:37
  6. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:310
  7. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1617
  8. 異常酵素の折りたたみを修正するシャペロン療法 トレンド◎ファブリー病に新機序の治療薬登場 FBシェア数:21
  9. 医療面談で役立つ「言葉」を身に付けよう 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:43
  10. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:79
医師と医学研究者におすすめの英文校正