日経メディカルのロゴ画像

2005.11.18

【ACR2005速報】関節リウマチ患者で心筋梗塞予防のアスピリン服用者は2割弱、リウマチ専門医に意識改革促す

 関節リウマチ患者は心筋梗塞リスクが高いことは知られているが、アスピリンの予防投与を受けているのは、2割に満たないことが明らかになった。米Wake Forest大学のLee Colglazier氏らが、1万4000人超の関節リウマチ患者を調べ明らかにしたもので、11月16日に開催された米国リウマチ学会のコンカレント・アブストラクト・セッションで発表した。

 Colglazier氏らは、関節リウマチ(RA)の人1万4114人と、非炎症性リウマチ性疾患(NIRD)の人4009人について、3年間にわたり調査を行った。平均年齢は、RA群が61.9歳、NIRD群が63.9歳だった。なお、アスピリン予防投与の定義としては、1日81〜325mgとした。また、NIRDは心筋梗塞のリスク因子とは考えられていない。(全文はこちらから