2005.11.18

【ACR2005速報】トシリズマブの長期投与が全身型若年性特発性関節炎に有効

 横浜市立大学大学院医学研究科発生成育小児医療学教授の横田俊平氏(写真)らの研究グループは、全身型若年性特発性関節炎を対象にした抗インターロイキン6受容体抗体トシリズマブ(商品名:アクテムラ)の長期投与臨床試験で、病態が有意に改善しその改善効果は3年間まで持続することを見出した。120週目で100%の患者でJIAコアセットで50%を達成し、90%の患者でJIAコアセットで70%を達成した。成果は11月17日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Abstract Session 「Pediatric Rheumatology:Clinical Features and Treatment」で発表された。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 中堅スタッフの「残業逃れ」で募る不公平感 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:35
  2. 4月から有給取得義務化、あなたの職場は大丈夫? 記者リポート FBシェア数:172
  3. 生後27日、女児。腹部膨満、哺乳不良。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  4. 順天堂大では2年間で165人が入試不正の影響 NEWS FBシェア数:97
  5. 患者の異変を見て見ぬふり? アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:82
  6. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:33
  7. なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのか Inside Outside FBシェア数:103
  8. 13歳女性。左前腕から肘にかけての痛み 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 米国の心疾患病院ランキングと治療成績比較 JAMA Cardiology誌から FBシェア数:36
  10. 数多く存在するARBは、その特徴も様々 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」 FBシェア数:49
医師と医学研究者におすすめの英文校正