日経メディカルのロゴ画像

2005.11.17

【AHA2005速報】乳製品は中高年男性のメタボリック症候群リスクを下げる

 乳製品を多く摂る中高年男性はあまり摂らない人に比べ、メタボリックシンドロームになるリスクが6割も低いことが分かった。フランスにおける断面調査の結果明らかになったもの。しかもBMIが25kg/m2を超える人や過体重の人では、よりリスクの減少幅が大きいことが判明した。カロリー過多に注意して牛乳を多めに摂るのは健康法の一つとして期待がもてそうだ。フランスToulouse大学医学部疫学科のVanina Bongard氏(写真)らの研究で、成果は11月16日のポスターセッションで報告された。

 Bongard氏らの研究グループは、循環器疾患リスクに関する断面調査研究である「MONICA」研究の一環として本研究を実施した。35〜64歳の一般男性1072人を無作為に選び、連続3日間の食事の記録のほか、身体計測値、血圧、空腹時血糖、脂質などの検査値、薬剤の服用、運動、社会経済的の状況などを聞き取った。さらにNCEP ATP3の定義によるメタボリックシンドロームの有無についても調査した。(全文はこちらから