日経メディカルのロゴ画像

2005.11.17

【ACR2005速報】体内のセレニウム値が少ないと膝骨関節症リスクが増、足の爪の測定で明らかに

 体内のセレニウム値が低いと、膝骨関節症リスクが増えることが、900人超の足の爪を調べ、明らかになった。米North Carolina大学のJoanne M. Jordan氏が、11月15日に開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Abstract Sessionで発表した。西洋諸国でセレニウムと骨関節症の関連について調べた疫学試験は、これが初めてという。なお、中国での、セレニウムの極度な欠乏とカシン‐ベック病発症との関連は、これまでに発表されている。

 Jordan氏らは、白人と黒人合わせて940人について、調査を行った。被験者の平均年齢は59.8歳、うち男性は33%だった。同氏らは、被験者の足の爪を採取し、機器中性子放射化分析(INAA: Instrumental Neutron Activation Analysis)でセレニウム値を測定した。なお、足の爪は比較的ゆっくりと成長するため、長期の体内セレニウム値を反映するという。
全文はこちらから