日経メディカルのロゴ画像

2005.11.17

【AHA2005速報】抗血小板薬clopidogrelとアスピリンの併用で冠動脈疾患の総死亡リスクが減少

 冠動脈疾患の症例に対するアスピリンと抗血小板薬clopidogrelの併用療法で、冠動脈疾患の総死亡リスクが減少することが報告された。クリーブランド・クリニック財団のThomas J Helton, Anthony A Bavry氏らが11月14日、メタ分析の結果をセッション「Acute Coronary Syndromes - Medical Therapies」で発表した。

 研究グループは、冠動脈疾患に関する4つの大規模臨床試験(CREDO、CURE、CLARITY-TIMI 28、COMMIT)についてメタ分析を行った。対象は、アスピリンとclopidogrelの併用群の3万2022例とアスピリンとプラセボ併用の3万1996例の合計6万4018例に上った。(全文はこちらから