日経メディカルのロゴ画像

2005.11.16

【ACR2005速報】経口投与可能なリウマチ治療薬候補COR100140が開発、動物実験で効果発揮

 オーストラリアMonash大学とオーストラリアMelbourne大学の研究グループは関節リウマチで重要な役割を果たしているマクロファージ遊走阻害因子(MIF)に対する経口投与が可能な低分子化合物のアンタゴニストCOR100140を同定することに成功した。初めての経口可能な抗サイトカイン薬で、新しい関節リウマチ薬候補になる。動物モデルでCOR100140の効果を確認したことをMonash大学のEric Morand氏(写真)が11月15日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会のポスターセッション19「RA treatment-small molecules」で発表した。(全文はこちらから